善玉菌で整腸作用

便秘に効果をあらわすオリゴ糖でなぜ善玉菌が増えるのでしょうか。スムーズな排便は、腸内環境が良い状態なのですが、腸の中で悪玉菌などの大腸菌が増えてしまうことで真逆になり、腸内環境が低下してしまうのです。そうなれば便秘になり、一週間も排便しない日が続いてしまうのです。

善玉菌を増やすには、善玉菌の大好物であるオリゴ糖を摂る必要があります。たくさん食べれば善玉菌だらけの腸に変身するのです。この状態をいつでも保たなければいけません。

また、便秘の解消以外でもオリゴ糖は活躍します。肌の代謝をよくすることで吹き出物などの予防に効果があります。腸の中で増える善玉菌がバリア機能を発揮してアレルギー成分の抑制に効果を発揮します。

納豆善玉菌を増やすための効率のよい摂取方法ですが、実は乳酸菌などと一緒に摂ることで腸内の環境がすばらしく良くなるのです。乳酸菌はヨーグルトだけではありません。漬物や納豆などにも含まれています。

ただし、オリゴ糖だけに頼らず普段から生活習慣の改善を心掛けたいものです。大前提はバランスの良い食事を3食規則正しく摂ることです。量も摂りすぎないように注意してください。魚や野菜も食べて、ハンバーガーやスナック菓子などの間食は控えるようにしましょう。

オリゴ糖の役割

便秘に効果があると言われている善玉菌を増やすためには何をすればいいのでしょうか?腸内環境を整えることが前提ですが、実はご存知の方も多いオリゴ糖が善玉菌を増やすカギを握っているのです。

腸食料品コーナーに置かれているのを目にしたことがある人もいると思いますが、大きなボトルにオリゴ糖と書かれている透明の液体がなぜ善玉菌に対して有効的だと言われているのですがどのような作用をするのか確認してみます。

まずは、便秘になるということは様々な要因がぶつかり合うことで原因が生まれるのですが、どのような腸内環境でもオリゴ糖は素晴らしい効果を発してくれるのです。糖類の中でもいくつかの種類が混ざっているものがオリゴ糖です。販売しているメーカーによって混ぜる糖類が違うこともあるのですが、かなり昔からオリゴ糖については研究されているのです。

オリゴ糖は食品などにも含まれていることがあまり知られていないようですが、醤油・はちみつ・りんご・ごぼう・玉ねぎなどに砂糖の50%~60%ほどの糖分が含まれているのです。このような食品を普段の食事でも摂取していることも整腸作用に大きく貢献するポイントだとおもいます。また、オリゴ糖は低カロリーであることからダイエットのために使うこともあるのです。

関連リンク→私の便秘は解消しました。_オリゴ糖とは

善玉菌を増やすために

便秘になるというのは、腸内環境が乱れているからです。腸の環境を整えるためには善玉菌の量を増やさなければいけません。このサイトでは、どうすれば腸内環境を改善できるのか説明します。

女性便秘が一週間も続いてしまうなど悩みを抱えている女性が多いのは昔も今も変わりません。なぜ一週間も排便することができないのか考えてみると、やはり腸内環境に問題があるようです。それだけではありません。日頃の食生活にも食物繊維が足りていなかったり、水分の摂取量が少ないこともあげられます。また乳酸菌など腸の改善に有効なヨーグルトなども食べていないことで、益々便秘になってしまうようです

善玉菌の数が多いほうがいいに決まっていますが、腸の中には1000種類もの細菌が存在していて、その数は何と1000兆個、1kgはあると言われています。すごい数で驚いてしまいますよね。そして腸の中の菌が存在している部分を最近では腸内フローラと呼ばれていて、善玉菌・悪玉菌・日和見菌が存在しているのです

日和見菌は、どっちつかずの細菌です。腸の中で善玉菌の量が増えてくれば善玉菌を助ける働きをしますし、悪玉菌が増えてしまえば悪玉菌についてしまう何とも優柔不断な細菌ですが、もともと存在している菌では、善玉菌や悪玉菌よりもはるかに多いのです。

実は中高年になると腸内環境も老化し始めると言われていて、便秘気味になったり臭いオナラが出てしまうことが多くなるのです。こうならないためにも善玉菌の数を増やすようにしなければいけませんね。