善玉菌で整腸作用


便秘に効果をあらわすオリゴ糖でなぜ善玉菌が増えるのでしょうか。スムーズな排便は、腸内環境が良い状態なのですが、腸の中で悪玉菌などの大腸菌が増えてしまうことで真逆になり、腸内環境が低下してしまうのです。そうなれば便秘になり、一週間も排便しない日が続いてしまうのです。

善玉菌を増やすには、善玉菌の大好物であるオリゴ糖を摂る必要があります。たくさん食べれば善玉菌だらけの腸に変身するのです。この状態をいつでも保たなければいけません。

また、便秘の解消以外でもオリゴ糖は活躍します。肌の代謝をよくすることで吹き出物などの予防に効果があります。腸の中で増える善玉菌がバリア機能を発揮してアレルギー成分の抑制に効果を発揮します。

納豆善玉菌を増やすための効率のよい摂取方法ですが、実は乳酸菌などと一緒に摂ることで腸内の環境がすばらしく良くなるのです。乳酸菌はヨーグルトだけではありません。漬物や納豆などにも含まれています。

ただし、オリゴ糖だけに頼らず普段から生活習慣の改善を心掛けたいものです。大前提はバランスの良い食事を3食規則正しく摂ることです。量も摂りすぎないように注意してください。魚や野菜も食べて、ハンバーガーやスナック菓子などの間食は控えるようにしましょう。