善玉菌を増やすために


便秘になるというのは、腸内環境が乱れているからです。腸の環境を整えるためには善玉菌の量を増やさなければいけません。このサイトでは、どうすれば腸内環境を改善できるのか説明します。

女性便秘が一週間も続いてしまうなど悩みを抱えている女性が多いのは昔も今も変わりません。なぜ一週間も排便することができないのか考えてみると、やはり腸内環境に問題があるようです。それだけではありません。日頃の食生活にも食物繊維が足りていなかったり、水分の摂取量が少ないこともあげられます。また乳酸菌など腸の改善に有効なヨーグルトなども食べていないことで、益々便秘になってしまうようです

善玉菌の数が多いほうがいいに決まっていますが、腸の中には1000種類もの細菌が存在していて、その数は何と1000兆個、1kgはあると言われています。すごい数で驚いてしまいますよね。そして腸の中の菌が存在している部分を最近では腸内フローラと呼ばれていて、善玉菌・悪玉菌・日和見菌が存在しているのです

日和見菌は、どっちつかずの細菌です。腸の中で善玉菌の量が増えてくれば善玉菌を助ける働きをしますし、悪玉菌が増えてしまえば悪玉菌についてしまう何とも優柔不断な細菌ですが、もともと存在している菌では、善玉菌や悪玉菌よりもはるかに多いのです。

実は中高年になると腸内環境も老化し始めると言われていて、便秘気味になったり臭いオナラが出てしまうことが多くなるのです。こうならないためにも善玉菌の数を増やすようにしなければいけませんね。